日本精神分析協会 LECTURE DAY のご案内

第6回のご案内

日本精神分析協会 LECTUREDAY 第6回 『ビオンから学ぶ』

現代精神分析の最先端は英国の精神分析家ウィルフレッド・ビオンの臨床思考、諸概念の探究にあると言っても過言ではありません。そこに精神分析の未来が拓かれています。優れた精神分析の臨床家でありビオン研究者である三人の講師がビオンを語る機会を日本精神分析協会は企画しました。我が国で最もふさわしい講師によるビオン精神分析が紹介されるこの機会に多くの方が参加されますことを期待します。
なお、本セミナーは(公財)精神分析武田こころの健康財団(理事長:武田龍太郎先生)の助成を受けて開催致します。

日時: 2018 年 10 月 14 日(日)

時間: 10:30~16:40

場所: TKP 市ヶ谷カンファレンスセンター

参加人数: 100 名

対象者: 心理臨床家、精神科、心療内科等精神保健に関する臨床家、その他。 参 加 費:8,000 円

プログラム:
司会: 松木邦裕
Opening Remarks(10:30-10:50)
紹介:松木邦裕『ウィルフレッド・ビオンの人生と業績』 講義 1. (10:50-12:10)
講師:福本修 『ビオンの集団経験再考』
~ 昼休み ~
講義 2. (13:10-14:30)
講師:平井正三『ビオンの思考と関係性の理論』 ~ Break 10 分間 ~
講義 3. (14:40-16:00) 講師:藤山直樹『私たちの実践への後期ビオンのインパクト』
講師と参加者による全体論議 (16:00-16:35) 『ビオン精神分析の今日的評価』
Closing Remarks(16:35-16:40)

申込方法:日本精神分析協会事務局まで、fax または電子メールでお申し込み下さい。 Fax:03-3350-9749 Email:tokyo@jpas.jp
参加申込みについては、こちらの書類をご利用いただけます。日本精神分析協会LECTURE DAY 第6回案内

申込期限:2018 年 10 月 10 日(水)

主催 日本精神分析協会